スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月の読書メーターまとめ

2012.04.01 15:58|雑記
どうも、私です。

本当は悠長にブログを更新している暇は無いのですが(〆切に追われ)、今やっておかないとでは次いつやるんだって話になってきますし、ということで3月の読書メーターまとめです。

そういえば、本日は4月1日。
随所で見られる嘘の数々が見てて微笑ましかったりします。
私が一番驚いたのはGoogleマップ。
これは一見の価値ありです。
企業の本気が窺えます。

話は逸れましたが、続きからまとめです。



3月の読書メーター
読んだ本の数:13冊
読んだページ数:4340ページ
ナイス数:44ナイス

マツリカ・マジョルカマツリカ・マジョルカ
人によっては、主人公のネガティブさにイライラしたり、逆に学生時代を思い出して心にぐさっときた人もいるかもしれない。その所以、つまり主人公が何を抱えていたのかについては最後に明かされ、同時にそれとなく配置されていた伏線があったことにも気が付き、ミステリー色はそこまで強くないけれど、ミステリとしても話は面白かったと思う。最後までマツリカの正体はミステリアスなままであったけれど、そこから醸し出される妖艶さというものが個人的にはたまらなかったので、そこまで気にはならなかった。
読了日:03月29日 著者:相沢 沙呼
とある飛空士への追憶とある飛空士への追憶
身分違いの恋を扱った作品は余り読んだことがなかったけれど、これが一つの完成形なんじゃないだろうかと個人的には思った。何とも切ない話だったけれど、あのラストを貫いたからこそ、これだけ筋の通った文字通り綺麗な話を描けたのだと思う。空戦描写も良かったけれど、やはり二人の淡い恋の話に一番引き込まれた。
読了日:03月27日 著者:犬村 小六
ミニスカ宇宙海賊 2 黄金の幽霊船 (朝日ノベルズ)ミニスカ宇宙海賊 2 黄金の幽霊船 (朝日ノベルズ)
シリーズも2巻目に突入し、本格的な海賊営業に乗り出した今作。お姫様に幽霊船にお宝という王道な要素をこれでもかと取り入れつつも、話は綺麗にまとまり、これもまた王道に仕上がっている。派手な展開こそないものの、読者を引き込むストーリーに、こちらのページをめくる手を止めさせない。船長となった茉莉香の自覚や成長具合も各所に見受けられ、1巻とはまた違った茉莉香の姿を目にしながら、物語りを楽しむことが出来ると思う。
読了日:03月27日 著者:笹本 祐一
赤朽葉家の伝説 (創元推理文庫)赤朽葉家の伝説 (創元推理文庫)
激動の時代を生きた女三代のお話。歴史小説であり、青春小説でもあり、更にミステリーでもあるこの作品は、それだけの要素を含んでいながらも全編調和の取れた語り口調で描かれ、何の違和感もなく統一されている。時代の移り変わりがまるで実際に見てきたかのように描かれていて、今の時代と対比しながら読んで行きつつ、色々と考えさせられた。賞を受賞したというのも頷ける、素晴らしい作品だと思う。
読了日:03月16日 著者:桜庭 一樹
魔法使いなら味噌を喰え!2 (講談社ラノベ文庫)魔法使いなら味噌を喰え!2 (講談社ラノベ文庫)
読了日:03月12日 著者:澄守 彩
ミニスカ宇宙海賊(パイレーツ) (朝日ノベルズ)ミニスカ宇宙海賊(パイレーツ) (朝日ノベルズ)
この巻はまだまだ序章で、茉莉香が海賊船の船長になることを決意するまでのお話。タイトルに反して中身はしっかりとしたSFであり、描写は細かくて分かりやすく、SF初心者の自分でも読みやすかった。これからに期待出来る内容だったと思う。欲を言えば、船長になることを決意した茉莉香の内面描写をもっと見たかった。
読了日:03月11日 著者:笹本 祐一
夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)
天然で独特の感性を持つ黒髪の乙女に、彼女に惚れたずれた思考を持つ院生。更に個性的な登場人物達が脇を固め、ファンタジーな世界観を形成している。何だかふわふわとした話だったけれど、それ故に深く考えずに読めて、その世界観に引き込まれた。
読了日:03月10日 著者:森見 登美彦
ちょんまげ、ばさら  ぽんぽこ もののけ江戸語り (角川文庫)ちょんまげ、ばさら ぽんぽこ もののけ江戸語り (角川文庫)
思っていたよりも、1巻でばら撒かれた伏線の数が多かったことに驚いた。ぽんぽこや白額虎が好き勝手やったり、宗冬が何とも面白いキャラになっていたりと、前巻に引き続き笑える要素はあるけれど、今回はシリアスよりな内容だったかなと思う。戦国武将がやたらと登場し、話がどんどん大きくなっているだけに、続巻でどう決着がつくのかが気になる。
読了日:03月10日 著者:高橋 由太
Another(下) (角川スニーカー文庫)Another(下) (角川スニーカー文庫)
ミステリーとしては面白い作品だったと思う。叙述トリックに驚かされたこともさることながら、自分で気付けなかった伏線も含め、全ての謎が解き明かされていて、その点は納得のいく終わり方だった。ただ、根本の問題が何も解決されていないことと、鳴の義眼の秘密が余りに便利過ぎたことが、多少心残りではある。ホラー作品だからと言われればそれまでではあるけど。
読了日:03月08日 著者:綾辻 行人
Another(上) (角川スニーカー文庫)Another(上) (角川スニーカー文庫)
ホラーというよりは、やはりミステリの色が強いかな、という印象。一人称で書かれた作品だと知った時には少し意外に思いはしたけど、主人公の語りは変に癖もなくて読みやすく、情景描写に関しては、こちらはホラー然とした感じで描かれていて、引き込まれるものがあった。上巻で当面の謎は明かされたので、下巻ではどう話が転んでいくのかが、気になるところ。
読了日:03月06日 著者:綾辻 行人
エスケヱプ・スピヰド (電撃文庫)エスケヱプ・スピヰド (電撃文庫)
大賞に選ばれたのにも頷ける、凄く完成度の高い作品だった。機械が感情を持つ(この作品の場合は取り戻すが正しいのかな)というテーマは使い古されたものだけど、そこに至るまでの九曜の心情は、兵器としての性とも絡ませて緻密に描かれていて、一つ一つの物事に納得のいく内容だった。戦争の経緯やその後など、世界観で気になる部分はあったけど、それは続刊で明かされるのかな。何にせよ、次の作品が楽しみ。
読了日:03月05日 著者:九岡 望
ちょんまげ、ちょうだい  ぽんぽこ もののけ江戸語り (角川文庫)ちょんまげ、ちょうだい ぽんぽこ もののけ江戸語り (角川文庫)
天然で可愛らしいぽんぽこと、それに振り回される小次郎という、二人の掛け合いが面白かった。故に時代小説ながら内容は固くなく、軽く読めるものになっている。そしてやっぱり、ぽんぽこが可愛い(笑)
読了日:03月02日 著者:高橋 由太
黒祠の島 (新潮文庫)黒祠の島 (新潮文庫)
推理し、謎を解き明かしていく過程が大分長かったですが、私はむしろそれだけ謎を重ねながらも、真相の全てに整合性が取れていたことに、感心するばかりでした。屍鬼といくらか似ている要素もあり、ミステリーとしても同じく面白い作品だと思います。しかしながら、これまた同じく終わり方があっけないところと、事件の結末が、結局のところ収まるべきところに収まってしまったのが、何とも…。この決着のつけ方がベストなんだろうと分かってはいるんですが、納得は出来ない、といった心情です。
読了日:03月02日 著者:小野 不由美

2012年3月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター



先月読んだ本の中でおすすめは、「黒祠の島」、「赤朽葉家の伝説」、「とある飛空士への追憶」です。

黒祠の島は十重二十重に謎の絡み合うミステリー。
赤朽葉家の伝説は歴史小説であり、青春小説でもあり、更にミステリー小説でもあるという、様々な側面を持ち合わせた作品です。
とある飛空士への追憶は身分違いの恋を描いた綺麗な王道の恋愛小説。

どれも面白い作品ばかりですので、是非一度お読みになって下さい。


次回の更新で短編小説を載せる予定なので、その時にまた。
それでは。

コメント

非公開コメント

プロフィール

羽子茉礼志

Author:羽子茉礼志
オリジナルの短編・中編・長編小説を公開しています。

連載作品:異色の御花
     中編置き場
     短編置き場

『小説家になろう』でも作品を公開しています。
http://mypage.syosetu.com/164658/

当サイトはリンクフリーです。
コメント等も大歓迎。
小説の感想や要望、相互リンクのお願いなどは、下記のアドレスにメールしていただくか、コメントにてお願いしますm(__)m
freddie_redcomet@yahoo.co.jp

ツイッター

カテゴリ

openclose

最新記事

最新コメント

来訪者数

リンク

参加ランキング

よければクリックお願いします(・ω・)ノ

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村              にほんブログ村 小説ブログ 長編小説へ
にほんブログ村              にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ
にほんブログ村                                      人気ブログランキングへ             

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

メールフォーム

何かあればこちらへどうぞ(・ω・)ノ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。