スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結末から物語りを

2011.10.31 02:40|雑記
どうも、私です。

先日、神様のメモ帳6巻を読み終えたのですが、その中で一つ、心に残る記述がありました。

世界を演繹する。
望む結末のために、そこへ流れ込むすべての道筋を刻み、現実につなげる。


小説を書くということ、引いては物語りを作る事と絡めて、このことが語られていました。
流れとは逆に、物語りを綴っていく。
先に結末を想像しておいて、それに沿うように、自分で好きなように物語りを作っていく。

以前、物語りの作り方について記事を書きましたが、その時私が述べたものとはまた違った手段です。
ですが、確かにこれもまた、理にかなった物語りの作り方だと思います。

見切り発車、行き当たりばったりな形で話を書き出し、破綻したラストに行き着くよりも、最初の段階で確固たる最期を形作っておいて、物語りをそこに導く為に、言い方は悪いですが、自分の都合良く・好き勝手に話を作っていく。
余りやり過ぎると、肝心要な物語りの開始地点に話を集約することが困難になるという事態を招いてしまう恐れもありますが、まあそれはやり方が逆でも同じことです。
ただし、それは最初と最後、どちらから話を作っていっても変わりはない、ということではありません。
物語りの冒頭というのは、読者を惹き付ける要素がなくてはいけませんが、物語りの末尾には、大小なりとも読者を納得させる要素が必要だと私は思うのです。
そういった意味で、いかにして物語りのラストを盤石なものにするか、といった点に焦点を置いた書き方。
それが、先に取り上げた『世界を演繹する』という物語りの作り方なのだと私は解釈いたしました。


この方法は、今からでもすぐに取り入れていける手法だと思いますし、実際に活用していきたいですね。
参考程度に、以前書いた記事もお読みいただければと思います。

物語りの作り方

それでは。
スポンサーサイト

お粗末な話

2011.10.05 23:09|小ネタ
どうも、私です。

部の活動の時に、くじで決まった『杖』というワードをテーマに、短時間で小説を書いたのですが、これがまた酷い出来に仕上がってしまいました。

短時間で話をまとめる能力や、発想力の無さが原因なのだと思うのですが、しかしながら、一回生の時に同じ条件で書いた話を読んでみると……あれ、昔書いた小説の方がまともじゃないか?という、出来れば気付きたくなかった点に気付いてしまいまして…。
もしや、徐々に文章能力が落ちていっているのではないかと、密かに危惧していたりします。

それで、そのお粗末な出来の小説なのですが、短編程の長さも無いですし、小ネタとして載っけてしまおうかなと。

本当にくだらない内容なので、ご閲覧は自己責任で。
面白くねーぞという文句は受け付けません。

では、続きからどうぞ。

続きを読む >>

物語りの作り方

2011.10.01 23:41|雑記
どうも、私です。

たまには創作系の雑記でも書いてみようということで、物語り、つまりはプロットの作り方について今回は一つ。


今現在、公募に作品を出す為に、ひたすらにプロットを考えている最中です。
で、具体的には何をしているのかというと、こういった小説を書きたいという漠然としたイメージを元に、取りあえずは世界観に関する設定を考え付く限りに書き出し、+αで登場キャラクターに関する設定や大まかなストーリー、その一場面などを簡単に書き出しています。
まずは確固たる世界観を形成したのち、追々ストーリーやキャラクターについて考えて行くというやり方ですね。
所謂、外堀から埋めて行くというやつです。
今まで書いた短編にしろ、今連載している長編にしろ、大体自分は上記の方法で小説を書いてきました。

ただ、それとは全く逆の、物語りの作り方もあるわけでして。
自分が書きたいと思う、物語りの核心ともいえる部分を先に決め、そこから徐々にストーリー作成などに着手していく方法です。
このやり方であれば、書きたいものがしっかりとしている分、ストーリーを考えるのにもあれこれと頭を悩ませる必要がないと思うのです。
話の芯がしっかりとしている小説を読むと、こういった方法で話を組み立てているのではと、考えることがあります。

何ともな例えになってしまいますが、前者の話の作り方が、まず町を形成したのちに、その町の中心にお城を建設する方法だとすれば、後者はまず城を建設したのちに、城下町を作っていくというやり方なわけです。(ワカリヅレー

これは何も長編の話を作る時だけに当てはまるものではなく、短編にも同じことが言えます。

短編の場合は、文章量が限られてくる分、自分が書きたいと思ったワンシーンを元に、話を広げていくやり方だって出来るでしょう。
例えれば、白雪姫が王子の口づけで目を覚ますシーンをまず思い浮かべ、そのワンシーンを元に、あの白雪姫の話を作っていく、そんな感じです。

まあ要するに、物語りの作り方にも色々な方法があるよねってことです。
基本的な部分に立ち帰ってみれば、いつ、どこで、誰が、なぜ、なにを、どうした、という細かいところから設定や話を作ることだって出来ます。

いずれは、私も話の核心から物語りを作るやり方を試してみたいなぁと思ってますし、この記事にない方法だってたくさんあることでしょう。

ひょっとしたら偏った内容なのかもしれませんが、まあこんなものでも何かしらの参考にしてもらえればという心持ちで記事にしてみました。

それでは。
プロフィール

羽子茉礼志

Author:羽子茉礼志
オリジナルの短編・中編・長編小説を公開しています。

連載作品:異色の御花
     中編置き場
     短編置き場

『小説家になろう』でも作品を公開しています。
http://mypage.syosetu.com/164658/

当サイトはリンクフリーです。
コメント等も大歓迎。
小説の感想や要望、相互リンクのお願いなどは、下記のアドレスにメールしていただくか、コメントにてお願いしますm(__)m
freddie_redcomet@yahoo.co.jp

ツイッター

カテゴリ

openclose

最新記事

最新コメント

来訪者数

リンク

参加ランキング

よければクリックお願いします(・ω・)ノ

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村              にほんブログ村 小説ブログ 長編小説へ
にほんブログ村              にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ
にほんブログ村                                      人気ブログランキングへ             

カレンダー

09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

メールフォーム

何かあればこちらへどうぞ(・ω・)ノ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。