スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

閉じられた工房

2011.05.30 17:58|短編小説
内容:ヤンデレ(物に対する執着)

続きを読む >>

スポンサーサイト

部の行事

2011.05.12 23:41|雑記
お久しぶりです。

今回は以前ツイッターでつぶやいていた部の行事の事についてちょっと。

もう3週間も前の事なんですが、月曜から金曜までの一週間、大学の構内で部の展示を行いました。
各々小説やら詩やらを展示したわけなのですが、自分も小説の冊子を作って展示しましてね。
まあ冊子といっても、このブログに載せている短編の『逃避の果て』と『違えた歯車と、ある一つの結末』の二作品とあとがきをちょっと書いて載せた程度ではあるんですがね。

一応、その行事は部の年間行事の中でも一番大きなものです。
訪れる人の数は100人ちょっとと、その数は多いとは言い難いものではありますが、OB・OGの先輩方や近所の大学の文芸部の方々なども訪れ、それなりに盛況だったのではと思っています。

で、そんな中、自分の出した冊子にも感想を幾らか貰うことが出来ましてね。
アンケートに感想が書いてあったり、OBの先輩から直接感想を頂いたりもしました。
ちなみに、OBの先輩二人から直接感想を頂いたのですが、それがどちらとも「エロマンガ」の一言でした(笑)
性描写を足して、フランス書院文庫に送ったら?とまで言われ、その時は思わず笑ってしまったわけなんですが、
改めて自分の書いた作品を見直してみると、確かにここに性描写足したら良い塩梅になりそうだな、ってのがあったんですよね。
まあ実際に書きはしませんけどw、こういった客観的な意見を貰えたのは素直に嬉しかったですね。
自分で何回読み直しても、そんな感想は出てこなかったと思いますし。

あと、アンケートに感想を書いて下さった方の中には、ヤンデレというジャンル自体知らなかった方も居られたようで、新鮮だったとか、衝撃的だったという感想も頂きました。
ヤンデレを全く知らない人にも自分の小説を読んでもらえたってのは、中々に嬉しいものがあります。

締切りに間に合わすために必死に書いたり、休みを削って会場の準備したり、スーツ着て受け付けをやったりと、それなりに労力を割くことになったこの行事ですが、それに見合うものを得ることが出来たのもまた事実。
今回得たものを生かして、これからも頑張っていこうかと思います。

というわけで、部の行事のお話でした。
プロフィール

羽子茉礼志

Author:羽子茉礼志
オリジナルの短編・中編・長編小説を公開しています。

連載作品:異色の御花
     中編置き場
     短編置き場

『小説家になろう』でも作品を公開しています。
http://mypage.syosetu.com/164658/

当サイトはリンクフリーです。
コメント等も大歓迎。
小説の感想や要望、相互リンクのお願いなどは、下記のアドレスにメールしていただくか、コメントにてお願いしますm(__)m
freddie_redcomet@yahoo.co.jp

ツイッター

カテゴリ

openclose

最新記事

最新コメント

来訪者数

リンク

参加ランキング

よければクリックお願いします(・ω・)ノ

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村              にほんブログ村 小説ブログ 長編小説へ
にほんブログ村              にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ
にほんブログ村                                      人気ブログランキングへ             

カレンダー

04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

メールフォーム

何かあればこちらへどうぞ(・ω・)ノ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。