7・8月の読書メーターまとめ

2012.09.09 15:09|雑記
どうも、私です。

先月はうっかり7月の読書メーターまとめを更新し忘れました。
読書メーターでは先月分までしかまとめのデータを取得できないので、7月分に関しては簡易ですが自分で作ってみました。というわけで、7・8月分まとめての更新です。

と、その前に近況報告。
何とも芳しくないです。
公募の進捗状況が……ね。
〆切が9月末だということを考えると、もう中盤まで書き進んでてもおかしくないぐらいなんですが、未だにストーリーの細かい部分で止まってます。
入院だとか何とかで8月がほぼ予定で埋まってしまったのは仕方ないとしても、9月に入ってからの自分のやる気のなさがね…。
そろそろ有言実行したいところですけど、この分じゃ間に合いそうにないです。
これは来年に回すことになるかな、なんて考えているのですが、12月に入ったら就活が始まってしまいます。
余り時間は取れないでしょうね。
というわけで、応募には間に合いませんが、今年中に完成を目指していこうかと思います。
今度こそ……今度こそ本気を出したい(願望)

それと、今年で部活は引退ですが、それまでに短編を一本書きます。
もう構想もそれなりに固まってまして、今度もSFになりそうです。
こちらは12月にでも投下できるかと思います。

それでは、まとめは続きからどうぞ。

続きを読む >>

6月の読書メーターまとめ

2012.07.29 17:45|雑記
どうも、私です。

試験期間真っただ中ではありますが、今日はお休みだったので、久しぶりの更新です。
試験前・試験中はホント心の余裕が無いです。
おかげで今月は全く読書が出来ず。
まあ、本読みまくってるのもどうなんだって話ではあるのですがね。
しかしながら、ただ未読の本が積みあがっていく状況を見ているのはやはりつらい。
試験が終わったら夏休みで、間を置かずに鼻炎を治す手術の為、手術後約一週間は入院です。
その期間中に、小説を読みまくってやることにします。
あと、公募もね。
公募は一応ガガガ文庫の新人賞に応募することに決めました。
〆切は9月末。
未だ詳細なストーリーが完成していない状況ですし、夏休み中は部活関連で忙しかったり、加えて就職活動前の夏休みな訳ですよ。
息が詰まりそうですね(汗)
何とか頑張っていくことにします。

話は変わりますが、何だか一生分の運を使い切ってしまったのではないか、と思えるような事が起こりました。
詳しくは書きませんが、自分には縁の無いことだとばかり思っていましたし、だからこそこの縁は大切にしたいですね。

そんなわけで、先月の読書メーターまとめは続きからどうぞ。

続きを読む >>

5月の読書メーターまとめ

2012.06.17 17:20|雑記
どうも、私です。

月初めに更新するつもりが、もう6月中旬。
月一回の更新の当てを得た筈が、中々上手くいかないものですね(ぉ

まあ言い訳は置いといて、近況でも。
大学で私はもう3年になったわけですが、そうなると避けられないのは就職活動。
自分は院に行くわけでもないので、もちろん例外ではありません。
今の段階では、その就職活動の為の準備を始めています。
まだ本格的なものではないですが、何かしらやっておいた方がいいだろうって感じです。
今後のことを考えると、今から頭が痛いです。

話は変わりますが、6巻ぐらいまで買って、それ以降放置していたPandoraHeartsを最近読みなおしました。
それで火がついて、すぐに既刊を全て購入。
いやはや面白いです。
とりわけ後半になってくると、10巻ぐらい前に貼られた伏線がポンポンと回収されていって、毎巻驚きの事実が発覚ですよ。
連載前から相当綿密に構想が練られたんだろうなぁと、只々感嘆するばかりです。

そんなわけで、まとめは続きから。

続きを読む >>

4月の読書メーターまとめ

2012.05.01 22:48|雑記
どうも、私です。

先月の読書メーターのまとめですが、先に言ってしまいますと、読書量激減です。

いや、これには已むに已まれぬ事情がありましてね。
まずは、先月ブログに投下した中編小説。
部活の展示に出す為に書いた作品ですけど、まずこれだけに一週間近く掛かりきりになりました。
計画性の無さに落ち度があると言われればそれまでですが、あれには時間も心も随分削られました。
一週間碌に寝ないで執筆を続けたあの苦行の期間、決して忘れることはないでしょう。
で、間を開けずに今度は大学での新入生歓迎週間。
私自身何をしたというわけでもないのですが、大学に出ずっぱりで自由な時間は少なかったです。
そして更に間を空けず今度は件の中編小説を展示に出す部の行事。
これも一週間続き、大学へスーツ登校の上、やはり出ずっぱりでした。
他にも色々あって休みも潰れましたし、私だけじゃなく他の部員にしても、大分部活に身をささげた一ヶ月じゃなかったのではと思います。

まあ、そんな訳で読書をする時間が極端に少なくなった訳です。
長期休暇が終わり、大学が始まったことも影響としては大きいのでしょうね。

それでは、まとめは続きからどうぞ。

続きを読む >>

3月の読書メーターまとめ

2012.04.01 15:58|雑記
どうも、私です。

本当は悠長にブログを更新している暇は無いのですが(〆切に追われ)、今やっておかないとでは次いつやるんだって話になってきますし、ということで3月の読書メーターまとめです。

そういえば、本日は4月1日。
随所で見られる嘘の数々が見てて微笑ましかったりします。
私が一番驚いたのはGoogleマップ。
これは一見の価値ありです。
企業の本気が窺えます。

話は逸れましたが、続きからまとめです。

続きを読む >>

2月の読書メーターまとめ

2012.03.01 06:39|雑記
どうも、私です。

2月に入って読書メーターを利用し始めました。
ほんの気まぐれで始めた読書メーターですが、自身の読書の記録やデータが残るというのは、これが意外に見ていて楽しいものでして、おかげで読書のペースや意欲も若干は上がったのかな、なんて思っております。

それで、2月分のまとめのデータが出たみたいなんで、折角なので、これから月一でそれをブログに貼っていこうかなと。
感想なんかは余り書けてないのですが、これからはちょくちょく書いていきます。
まあ、ツイッターのつぶやき程度のものですし、読後にちょろっと書く程度です。
これで、ブログの更新が月に一回以上は確実に行えますね!(ぉ


それでは、まとめのデータは続きからどうぞ。

続きを読む >>

結末から物語りを

2011.10.31 02:40|雑記
どうも、私です。

先日、神様のメモ帳6巻を読み終えたのですが、その中で一つ、心に残る記述がありました。

世界を演繹する。
望む結末のために、そこへ流れ込むすべての道筋を刻み、現実につなげる。


小説を書くということ、引いては物語りを作る事と絡めて、このことが語られていました。
流れとは逆に、物語りを綴っていく。
先に結末を想像しておいて、それに沿うように、自分で好きなように物語りを作っていく。

以前、物語りの作り方について記事を書きましたが、その時私が述べたものとはまた違った手段です。
ですが、確かにこれもまた、理にかなった物語りの作り方だと思います。

見切り発車、行き当たりばったりな形で話を書き出し、破綻したラストに行き着くよりも、最初の段階で確固たる最期を形作っておいて、物語りをそこに導く為に、言い方は悪いですが、自分の都合良く・好き勝手に話を作っていく。
余りやり過ぎると、肝心要な物語りの開始地点に話を集約することが困難になるという事態を招いてしまう恐れもありますが、まあそれはやり方が逆でも同じことです。
ただし、それは最初と最後、どちらから話を作っていっても変わりはない、ということではありません。
物語りの冒頭というのは、読者を惹き付ける要素がなくてはいけませんが、物語りの末尾には、大小なりとも読者を納得させる要素が必要だと私は思うのです。
そういった意味で、いかにして物語りのラストを盤石なものにするか、といった点に焦点を置いた書き方。
それが、先に取り上げた『世界を演繹する』という物語りの作り方なのだと私は解釈いたしました。


この方法は、今からでもすぐに取り入れていける手法だと思いますし、実際に活用していきたいですね。
参考程度に、以前書いた記事もお読みいただければと思います。

物語りの作り方

それでは。

物語りの作り方

2011.10.01 23:41|雑記
どうも、私です。

たまには創作系の雑記でも書いてみようということで、物語り、つまりはプロットの作り方について今回は一つ。


今現在、公募に作品を出す為に、ひたすらにプロットを考えている最中です。
で、具体的には何をしているのかというと、こういった小説を書きたいという漠然としたイメージを元に、取りあえずは世界観に関する設定を考え付く限りに書き出し、+αで登場キャラクターに関する設定や大まかなストーリー、その一場面などを簡単に書き出しています。
まずは確固たる世界観を形成したのち、追々ストーリーやキャラクターについて考えて行くというやり方ですね。
所謂、外堀から埋めて行くというやつです。
今まで書いた短編にしろ、今連載している長編にしろ、大体自分は上記の方法で小説を書いてきました。

ただ、それとは全く逆の、物語りの作り方もあるわけでして。
自分が書きたいと思う、物語りの核心ともいえる部分を先に決め、そこから徐々にストーリー作成などに着手していく方法です。
このやり方であれば、書きたいものがしっかりとしている分、ストーリーを考えるのにもあれこれと頭を悩ませる必要がないと思うのです。
話の芯がしっかりとしている小説を読むと、こういった方法で話を組み立てているのではと、考えることがあります。

何ともな例えになってしまいますが、前者の話の作り方が、まず町を形成したのちに、その町の中心にお城を建設する方法だとすれば、後者はまず城を建設したのちに、城下町を作っていくというやり方なわけです。(ワカリヅレー

これは何も長編の話を作る時だけに当てはまるものではなく、短編にも同じことが言えます。

短編の場合は、文章量が限られてくる分、自分が書きたいと思ったワンシーンを元に、話を広げていくやり方だって出来るでしょう。
例えれば、白雪姫が王子の口づけで目を覚ますシーンをまず思い浮かべ、そのワンシーンを元に、あの白雪姫の話を作っていく、そんな感じです。

まあ要するに、物語りの作り方にも色々な方法があるよねってことです。
基本的な部分に立ち帰ってみれば、いつ、どこで、誰が、なぜ、なにを、どうした、という細かいところから設定や話を作ることだって出来ます。

いずれは、私も話の核心から物語りを作るやり方を試してみたいなぁと思ってますし、この記事にない方法だってたくさんあることでしょう。

ひょっとしたら偏った内容なのかもしれませんが、まあこんなものでも何かしらの参考にしてもらえればという心持ちで記事にしてみました。

それでは。

基本的なことの再確認

2011.09.21 00:42|雑記
どうも私です。

先程ツイッターでつぶやいていたことに関しての雑記を一つ。


このブログやツイッターをご覧になれば分かる通り、自分は所謂『オタク』と呼ばれる存在です。
アニメ・マンガ・ライトノベル程度にしか手は出していないので、割りとライトな層ではあると思うのですが、まあその話は置いておいて…。

今現在、私は自らの読解力・執筆力を伸ばしていかなければならない状況に置かれています。
ここではそれらの能力のことを総合して『特殊性』として捉えておくこととします。
その状況というのは、昨日の記事の内容とはまた別のことなのですが、それは敢えて伏せておくとして、いずれにせよ自らの文章能力を高めるということについては、小説を書き始めてから自分が常々考えていたことではあります。
しかしながら、では実際にそれに向けて何か取り組みを行っていたかというと、正直なところ大したことはやれていませんでした。
取りあえず書いてみる、ということを念頭に置いてこそいましたが、それが力へ変わったかは微妙なところです。
勿論、書くことも大事なことではあるのですが、同じような文章をひたすら書き連ねたって、それに意味は生まれてこないでしょう。

そこで、話を基本的な部分へと戻します。
小説を書くに当たって、小説を全く読んだことがない、なんていうのは話になりません。
小説を書くには、読むこともまた重要なのです。
読むことにより見識は深まりますし、更にその内容について考える段階で読解力もついてくると思います。
話を読み解く力が高ければ高いほど、自分で話を作るときも、より意味のあるものを仕上げることが出来る筈です。
読解力が、総じて文章能力に繋がっていくわけです。

ここからは私の反省になるのですが、そういう風に考えてみれば、今のライトノベルばかり読んでいる状況は考えものです。
仮にライトノベルの公募に応募するのだとしても、だからってライトノベルばかり読んでいていいわけがありません。
ライトノベルが悪いとは言いませんが、それに傾倒し過ぎるのは、自らの文章能力や視野を狭める行為になってしまいます。

元々自分は小学生ぐらいの頃から読書が好きで、それが今でも続いていることになるのですが、重きを置いていた、求めていたのは娯楽性でした。
ただ、自身の力を、『特殊性』を真剣に伸ばそうと考えるなら、比重を傾けるのは、一つのジャンルに固執することなく、幅の広い視野を取り入れることに対してですよね。
もちろん、その中にも多少の娯楽性は必要でしょうが、勉強するぐらいの気持ちでなければ、伸びるものも伸びないでしょう。
人によっては、『趣味』で片付けられる以上のことを求められるのだと思います。
無論、これは自分もです。

では、ここで自分がやらなければいけないことは何なのか。
それは、より多くの本を読むことだと思います。

というわけで、早速具体的な目標になるのですが、今月に早速一冊、来月からは二・三冊ぐらいの割合で、ラノベ以外の小説を読んでいこうと思います。
一般小説や、出来れば純文学にも手を出していきたいです。

結論としては、書くことも大事ですが、読むことにも力を入れようね、ってことです。




……それで、ここまで書いておいてなんですが、正直こんなことって、プロを目指している方や、真剣に文章能力高めようと思っている方にとっては当たり前のことですよね。
自分のレベルの低さを見せつけるような記事になってしまいましたが、ようやくそれを自分でも意識できるようになったということを、記事にしておきたかったのです(汗)

長々と失礼しました。
それでは。

くだらない話

2011.07.14 20:31|雑記
タイトル通りなので、本当にお暇な方だけお読みいただければと。

今日受けたスペイン語の講義中に考えたことです。

続きを読む >>

プロフィール

羽子茉礼志

Author:羽子茉礼志
オリジナルの短編・中編・長編小説を公開しています。

連載作品:異色の御花
     中編置き場
     短編置き場

『小説家になろう』でも作品を公開しています。
http://mypage.syosetu.com/164658/

当サイトはリンクフリーです。
コメント等も大歓迎。
小説の感想や要望、相互リンクのお願いなどは、下記のアドレスにメールしていただくか、コメントにてお願いしますm(__)m
freddie_redcomet@yahoo.co.jp

ツイッター

カテゴリ

openclose

最新記事

最新コメント

来訪者数

リンク

参加ランキング

よければクリックお願いします(・ω・)ノ

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村              にほんブログ村 小説ブログ 長編小説へ
にほんブログ村              にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ
にほんブログ村                                      人気ブログランキングへ             

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

メールフォーム

何かあればこちらへどうぞ(・ω・)ノ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

  • ページトップへ
  • ホームへ